ホーム > 反社会的勢力に対する基本方針

反社会的勢力に対する基本方針

【第1条(反社会的勢力に対する基本方針)】

当社の反社会的勢力に対する基本方針は、以下のとおりとします。

(1)当社は、反社会的勢力とは取引関係を含めて、一切の関係を持ちません。また、反社会的勢力とは知らずに何らかの関係を有してしまった場合には、判明後速やかに関係を解消します。

(2)当社は、反社会的勢力に対する資金や便宜の提供は、絶対に行いません。

(3)当社は、反社会的勢力からの不当要求に備えて、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。

(4)当社は、反社会的勢力からの不当要求を、断固として拒絶します。また、民事上の法的対抗手段を講ずるとともに、被害届の提出や告訴を含む刑事事件としての対応も躊躇しません。

(5)当社は、反社会的勢力からの不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠ぺいするための裏取引を絶対に行いません。

(6)当社は、反社会的勢力からの不当要求には、社長以下、会社組織全体で対応します。

(7)当社は、反社会的勢力からの不当要求に対応する従業員の安全を確保します。

【第2条(反社会的勢力の定義)】

反社会的勢力とは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人とし、以下に掲げる属性要件に該当するもの及び暴力的な要求行為又は法的な責任を超えた不当な要求などの行為要件に該当するものも含むものとします。

(1)暴力団、暴力団員、暴力団準構成員

(2)暴力団関係企業及びその役員、従業員

(3)企業から株主配当以外の不当な利益を要求する団体及び個人(総会屋等)

(4)社会運動を標榜して不当な利益・行為を要求する団体及びその構成員

(5)特殊知能暴力集団等及びその構成員